pageimg

診療科目 《脳神経内科 》

福田総合病院の脳神経内科は、神経変性疾患など、神経難病の診察も行っております。
患者様のプライバシーは完全に保護いたしますので、どうぞご安心ください。

脳神経内科の主な治療内容


神経内科とは、脳やせき髄、神経、筋肉の病気を診る内科です。
体を動かしたり感じたりすることや、考えたり覚えたりすることが上手にできなくなったときに、このような病気を疑います。
以下のような症状がある場合は遠慮なくご相談ください。
・しびれやめまい
・うまく力が入らない
・歩きにくい、ふらつく、つっぱる
・ひきつけ
・むせる
・しゃべりにくい
・ものが二重に見える
・頭痛
・勝手に手足や体が動いてしまう
・ものわすれ
・意識障害 など

まず全身を診ることができる脳神経内科でどこの病気であるかを見極めることが大切です。
その上で骨や関節の病気がしびれや麻痺の原因の場合は整形外科に、手術などが必要な場合は脳神経外科に、精神的なことが原因の場合は精神科にご紹介します。

見たり聞いたりする能力も診療に含まれますが、眼科や耳鼻科の病気の場合もあります。
また、睡眠関連疾患についての診断、治療も行っておりますので睡眠障害の症状でお困りの方はご相談ください。


主な治療内容
▼パーキンソン病
▼脊髄小脳変性症
▼多発性硬化症
▼視神経脊髄炎
▼片頭痛
▼脳卒中末梢神経障害
▼認知症
▼てんかん
▼睡眠関連疾患(睡眠医療)
*プライマリケア
*脳神経内科

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査

「大きなイビキ」「居眠り運転」「朝の頭痛やだるさ」「夜中に目が覚める」「日中の強い眠気」などの症状はありませんか?
それらは「睡眠時無呼吸症候群」の症状の恐れがあります。当院では、睡眠時無呼吸症候群の検査を行っておりますので、心当たりがございましたら、検査されることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が何度も止まり、快眠できなくなる病気です。
そのまま放置しておくと、「高血圧」「心臓循環障害」「脳循環障害」などに陥るといわれております。また、居眠り運転による事故が発生したり、日中の仕事に支障をきたす場合があります。
適切な検査を受け、治療をすることで改善いたします。

検査方法

簡易検査 
経皮的に動脈血酸素飽和度を測定する(指先にクリップ状のモニタ-を装着)。
装着は外来診察にて、自宅で測定できます。

診療担当医

常勤 兒玉 光生

image
2022年4月に当院に着任いたしました。
総合内科、神経内科を専門とし、筋電図、睡眠脳波 PSG等を得意としています。
神経内科と睡眠医療のエキスパートとして、地域の皆様にとって信頼できるかかりつけ医となります。

<所属学会>
日本内科学会、日本神経学会、日本臨床神経生理学会、日本脳卒中学会、日本睡眠学会、日本認知症学会
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本神経学会神経内科専門医・指導医
  • 日本認知症学会専門医・指導医、認知症サポート医

経歴

1988年3月 京都大学医学部卒業
1995年3月 京都大学医学研究科博士課程修了
京都大学医学部附属病院、住友病院、滋賀医科大学分子神経科学センター(学外研究員)、兵庫県立塚口病院、洛和音羽病院、国家公務員共済組合連合会京阪奈病院(現 枚方公済病院)にて勤務。
枚方公済病院では神経内科部長を務める。
2022年4月 福田総合病院 入職
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) Fukuda General Hospital. Co., Ltd. All Rights Reserved