pageimg

入院のご案内

ご入院していただく際の手続きや必需品などをご案内いたします。
手続きなどは、診療科目による変更はございません。

入院の手続き

診察の結果、入院治療が必要と認められた方は、医師または看護師の指示に従って医事課受付にて入院手続きをしてください。
現在、他病院で入院中の方は、担当医師の紹介状をご持参のうえ、地域医療連絡室の相談員にご相談ください。
以下に入院の手続きの際、ご注意いただきたいことをまとめました。入院治療が必要になった場合は、ご参考にしてください。

  1. 入院保証書に記載されている注意事項などをご確認いただき、
        必要事項をご記入のうえ、受付にご提出ください。
       当書類には、申込者・身元引受人または連帯保証人の方の捺印が必要です。
       「連帯保証人」の欄は、親権者またはご家族の中の成人者の方にお願いします。
  2. 健康保険証、各種医療証(老人保健・障害者医療・標準負担額減額認定書など)、退院証明書(直近3カ月以内に入院歴のある方)、お薬手帳(お持ちの方)をご提出してください。
  3. 夜間急患でご来院の方は翌日必ず手続きを完了してください。

入院中の必需品

いざ入院となった際、何が必要なのか分らないこともあることでしょう。 以下に入院中の必需品をまとめましたので、入院の際のご参考にしてください。

  • 寝巻
  • 洗面用具
  • コップ・湯呑・スプーン・箸・小型ヤカンまたはマホービン・スリッパ・認印・タオル3枚、
    バスタオル2~3枚・ティッシュペーパー・その他身の回り品など

   ただし、手術予定の方は別途、看護師詰所にて説明いたします。
   おむつに関しましては、持ち込みはお断りしております。リース契約などにてお願いします。
   また日用品、病衣などにつきましてもリース契約によるものもご利用いただけます。
   持ち込み品はできる限り必要最低限でお願いします。
   紛失・盗難を防ぐために貴重品や必要以上の現金などは絶対に持ち込まないようにお願いいたします。
   万一、紛失などが発生しましても当院は責任を負いかねますので十分ご注意ください。

入院費用

入院請求とお支払い

入院治療費、その他の料金は毎月15日と末日の2回に分けて計算し、ご請求いたします。
請求書がお手許に届きましたら、3日以内に1階受付にてご精算願います。
退院の際は、退院当日までの費用をお支払いのうえ、お帰りください。
その際に、お預かりしました入院保証金をご精算いたしますので、保証書をご持参ください。
なお、午前中は外来患者様の会計にて混雑いたしますので下記の時間でお願いいたします。

入院費・会計窓口の精算取り扱い時間

平日 14:00~20:00
土・日・祝日 14:00~16:00

差額室料の必要なお部屋

ご希望による入室時、室料差額を要するお部屋のご案内をいたします。

特別室 15,750円/日(内、消費税 750円)
個室 9,450円/日(内、消費税 450円)
個室 8,400円/日(内、消費税 400円)
2人部屋 4,200円/日(内、消費税 200円)
2人部屋 3,150円/日(内、消費税 150円)

有料室使用料(室料差額)は、健康保険適応外となります。
領収書は、高額療養費の給付、所得税の医療費控除などに必要ですので、大切に保管してください。
(領収書の再発行はいたしません。紛失された場合は、有料にて支払い証明書の発行となります。ご了承ください。)

ページ先頭へ戻る
Copyright (C) Fukuda General hospital. Co., Ltd. All Rights Reserved