pageimg

福田総合病院からのお知らせ

こちらでは、当院からの各種手術・検査についてお知らせいたします。
各詳細(診療科・診療時間等)について、ご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

下肢静脈瘤手術等の治療について

足の静脈瘤(下肢静脈瘤)ってどんなもの?

足の血管(静脈)が、太く浮き出ているものを「下肢静脈瘤」といいます。 症状があまりない人もいますが、静脈瘤ができると、足がむくみ、痛い、だるいなど症状が出て きます。また、筋肉がつる「こむら返り」も起きやすくなります。また、静脈瘤を放っておくと、 血栓ができて、色素沈着や、皮膚に潰瘍ができてしまうことにもなります。それと同時に、美容的 にも大変に気にかかることにもなります。

原因

足の静脈には、「深部静脈」と皮膚表面に近い部分の「表在静脈」があり、多くがこの表在静脈瘤で、 静脈の血液の逆流を防ぐ血管の弁が壊れて、血液が逆流して静脈が拡張することで、静脈瘤(コブ)と なります。女性には特に多くみかけられます。立ち仕事に従事する方や、妊娠分娩を期に静脈瘤ができる ようです。

小治療法

下肢静脈瘤の治療には、程度に応じて何段階かの治療があります。

① 圧迫療法  ◆ 弾力ストッキング…通常のストッキングよりも強い圧迫によって、血液が足によどまないようにします。履く事によって、多くの患者さんが「足が軽くなった」と喜ばれ、静脈瘤が改善されることが証明されています。 ◆ マッサージ器 … 袋状の中に、足を入れ空気の作用で心臓に向って足をマッサージします。これによって、静脈瘤の改善や予防をします。

② 結紮手術  ◆ 血液逆流の強い足の表在静脈部分を、結紮手術します。超音波診断によって場所を確認し、足の数箇所の皮膚を小し切開して、静脈をしばって血液の逆流をとめる手術です。表在の静脈ですから、しばっても血液の流れの心配はありません。当院では、1泊2日の入院で手術をしています。

③ 他に硬化療法・レーザー療法・ストリッピング手術などがありますが、当院では施行していません。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査

「大きなイビキ」「居眠り運転」「朝の頭痛やだるさ」「夜中に目が覚める」「日中の強い眠気」などの症状はありませんか?
それらは「睡眠時無呼吸症候群」の症状の恐れがあります。当院では、睡眠時無呼吸症候群の検査を行っておりますので、心当たりがございましたら、検査されることをおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中に呼吸が何度も止まり、快眠できなくなる病気です。
そのまま放置しておくと、「高血圧」「心臓循環障害」「脳循環障害」などに陥るといわれております。また、居眠り運転による事故が発生したり、日中の仕事に支障をきたす場合があります。
適切な検査を受け、治療をすることで改善いたします。

検査方法

簡易検査 
経皮的に動脈血酸素飽和度を測定する(指先にクリップ状のモニタ-を装着)。
装着は外来診察にて、自宅で測定できます。

経鼻内視鏡による食道・胃・十二指腸検査導入

当院では、鼻からの内視鏡検査を始めました。

経鼻内視鏡検査の利点として

◆ 口からの内視鏡検査より吐き気を催すことが少ない点

◆ 検査中の会話をすることも可能な点

◆ 身体に低侵襲な検査方法で、患者様の負担が少なくて済む点

などです。
経鼻内視鏡検査の注意点は

※注意1) 鼻腔の狭い人、鼻炎の有る人は経鼻では実施できません。

※注意2) 病理検査やポリ-プ切除等の処置が必要な場合は経鼻では実施できません。

どうしても経口からのカメラをのみにくい人は、鎮静剤の注射をして検査をしています。お気軽に外来にてご相談下さい。 尚、その場合には1時間程度の点滴にて覚醒した後に帰宅していただきますが、車、バイク、自転車は運転できませんのでご注意下さい。

ジオン注による痔核(いぼ痔)治療開始

当院では平成24年1月より、注射(硬化療法)で治す痔核(いぼ痔)治療を始めました。

いぼ痔は切らずに治したい

◆ 「脱出を伴う内痔核」にジオン注を投与して痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして粘膜に癒着・固定させる治療法です。

◆ 痔核を切り取る手術と違って、痔核の痛みを感じない部分に注射するので 「傷口から出血する」 「傷口が傷む」というようなことはなく、著変なければ原則1泊2日の入院で治療します。

◆ 排便は翌日から可能です。
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) Fukuda General hospital. Co., Ltd. All Rights Reserved