pageimg

診療科目 《 整形外科・リウマチ科 》

福田総合病院の整形外科では、腰痛・関節痛などの慢性的な疾患でお悩みの方から、骨折などの外傷疾患における手術療法が必要な方まで幅広い患者様が利用されております。
リウマチも含め、患者様の症状に合わせて薬治療・装具療法および手術療法・リハビリテ-ションなどそれぞれの患者様に適した治療を行っています。

整形外科・リウマチ科の主な治療内容

福田総合病院 整形外科・リウマチ科の主な治療・手術内容は以下の通りです。
 

  • 関節リウマチ
  • 骨粗しょう症
  • 痛風
  • 腰痛
  • 手術(骨折、末梢神経障害、人工関節など)
  • リハビリテーション

児島 新

image 外傷(骨折・脱臼・腿靭帯損傷)のほか、加齢や関節炎(関節リウマチなど)による関節痛、さらに手足の変形・機能障害や腰痛も整形外科の治療対象疾患です。
また四肢に発生した腫瘍も精査治療を行います。大学病院や市立病院で長年培ってきた診断力・手術技法を生かして、地元の患者様のニーズにお応えできればと思っております。
また本院では、手の疾患を得意分野として扱っています。手外科領域の治療は、経験に基づいた診断と手術手技さらにリハビリテーションとのチームワークが必要です。
四肢の痛みや機能障害でお困りの方の手助けが少しでもできればと考えております。

●所属学会
・日本整形外科学会専門医
・日本手外科学会専門医
・日本整形外科学会リウマチ認定医
・日本整形外科学会リハビリテーション認定医
・中部整形災害外科学会代議員

経歴

1978年 神戸大学医学部卒業 胸部外科専攻
1981年 関西医科大学整形外科入職
1983年 広島大学で手外科を研修
1991年 アメリカ州立大学バッファロー校HandCenterへ留学
1994年 高田市立病院 整形部長
2001年 関西医科大学 整形外科講師
2010年 関西医科大学香里病院 整形外科部長
2017年 福田総合病院

福田 正剛

image 私は、整形外科医として腱断裂・腱鞘炎などをはじめとする手の疾患・障害を専門領域とし、診療を行ってまいりました。
手は非常に細かい作業を行う仕組みで成っており、その構造に精通していなければ機能を再建することはできません。近年では高齢化の進展に伴い、加齢による手の疾患を抱える患者さんの割合が高くなっています。
自分自身の身の回りのことを支え、生活の質を保つ大切な「手」の機能。その機能を保ち、一人一人の患者さんが自分らしく生活を送り続けることを目指した診療を行っています。
福田総合病院では、これまでの腰痛や骨折、関節痛等の一般的な整形外科診療に加えて、手の外科手術の対応を拡大していき、患者さんの地域生活を支える診療を行っていきます。

●所属学会
  日本整形外科学会専門医
  日本骨粗鬆症学会認定医
  日本手外科学会
  中部日本整形外科災害外科
  
     日本整形外科学会リハビリテーション認定医      
    運動器リハビリテーション医     

経歴

2009年 川崎医科大学卒業
2009年 関西医科大学付属病院入職
2011年 関西医科大学付属病院入職
    (枚方病院⇒香里病院⇒滝井病院⇒中村病院⇒香里病院)
2016年 福田総合病院

非常勤 山内栄二

image リウマチ病一般を専門にしています。
発熱、関節痛、発疹などの症状で発症するリウマチ病は、自己免疫異常が原因とされており、確定される病院の診断は多岐にわたります。 なかでも特に関節リウマチは頻度の高い病気です。
その他整形外科関連の病気で診断の難しい脊椎関節炎、強直性脊椎炎。また心療内科関連の線維筋痛症などの診断治療も行っています。特にリウマチ病の中でも頻度の高く、難治といわれた関節リウマチの治療も、免疫調整剤や免疫抑制剤の使用で近年めざましく進歩しています。さらに当院では生物学製剤の導入で、患者さんのQQL(生活の質)が向上できるよう最善のサポートを積極的に行っています。
  • リウマチ病
  • 整形外科

経歴

1985年 滋賀医科大学卒業
大阪労災病院、行岡病院、七川記念リウマチ病センター

非常勤 漆﨑 亜弥



専門医・認定医

非常勤 矢倉 拓磨



専門医・認定医

経歴

   

診療スケジュール

曜日 午前診 夜診
児島 ・ 福田(二診制) 児島
漆崎 ・ 矢倉(二診制) 矢倉
福田 ・ 山内(二診制) 山内
木下
児島 ・ 漆崎(二診制) 三木
辻  ・ 福田(第2・4週のみ)  
   
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) Fukuda General hospital. Co., Ltd. All Rights Reserved