pageimg

診療科目 《手外科》

手外科の主な治療内容

<手外科センター概要>

手外科センターは、整形外科の中でも上腕から指先の病気を診断治療することに特化した施設です。

手は、物をつかむ、握るなどの細かい動作から重量物の運搬まで、日常生活を過ごすためにもとても大切な器官です。
繊細な動作を行うために、手には神経、血管、腱などが密集し、複雑な構造をしています。そのため、一度傷を負うと、それらの複数組織が同時に損傷されてしまう特殊性があります。治療には専門的な知識・技術が必要です。その難しさゆえに、一般病院には手外科専門医はほとんどいません。
当センターでは、手外科専門医2名で、手外科疾患・外傷の患者様に対して最先端の専門的治療を提供致します。
手の外傷、病気でお困りの方はどうぞご相談ください。

image
<対象疾患>

外傷(骨折、脱臼、靭帯損傷・腱損傷、神経損傷)
 受傷早期の状況では可能な限り手の機能を復元する手術を行います。

・外傷後の変形、機能障害
 上肢の外傷はいろいろな合併症が遺残します。救急処置を受けたが、結果的に変形が発生したり、手指の動きが悪くなった患者さまでも状態を分析し、可能な限り機能が回復できる対処方法を検討します。

・神経損傷
 神経損傷の修復を行います。

・手根管症候群・肘部管症候群
 手のしびれの原因は脊髄や脳にあると考えておられる患者様や医療従事者は意外と多くいらっしゃいますが、肘や手関節部分で神経が圧迫されて発生するしびれや手の機能障害も多いのです。当院では原因を鑑別して投薬・注射や手術療法で治療を行います。

・炎症性疾患
 指が引っかかる「ばね指」や、指の動作で痛みをともなう腱鞘炎、関節炎などの原因を診断して、症状に合わせた治療を行います。

・関節リウマチ
 関節リウマチの治療は近年進歩しましたが、治療を受けても手の痛みや腫れが取り切れない患者様もいらっしゃいます。肘・手関節・指・腱の炎症を評価して注射療法や手術療法を選択できます。

・変形性関節症
 肘・手関節・指関節の変形性関節症は「治療法がない」といわれ、痛みを我慢して生活している患者様は、意外とたくさんいらっしゃいます。変形した手指関節の現状を評価して適切な保存療法・関節形成術・人工関節置喚術を行います。

・腫瘍・デュプイトレン拘縮
 四肢に発生する骨腫瘍・軟部腫瘍を検査し、必要であれば摘出精査します。

・化膿性疾患
 指に発生した小さな創を侮ると、急速に手全体に広がり、手の機能が著しく損なわれることがあります。他部位以上に早期の診断と手術による治療が必要です。


<手術実績>
2017年整形外科手術(手指) 
合計 206件

腱鞘切開               46件
手根管開放              30件
肘部管開放(神経剥離)          5件

手指ORIF(プレート+スクリュー)    23件
手指人工関節               5件
手指経皮的ピンニング           
6件
手指・関節滑膜切除          17件
腱縫合・腱移行・靭帯縫合(指)    25件
腱剥離術(指)            21件
腱・関節授動術(手指)                6件
脱臼 整復 関節形成(手指)     11件






image
ページ先頭へ戻る
Copyright (C) Fukuda General hospital. Co., Ltd. All Rights Reserved